空の浴槽

浴室暖房乾燥機を取り付けることでお年寄りや心臓、高血圧の持病を持っている人にとっては入浴がし易くなります。
冬場には外気温と室内温度の差が大きくなり、ヒートショックを起こしやすくなります。
なるべく温度差のない環境にしておくことで血圧の変化も少なくなり健康面でも保護されます。
住宅の計画段階において日本の家屋は密閉度は低く、その上浴室やトイレ等は北側の一番寒い位置に配置されて来ました。
これまでに利用頻度はそう高くなくてその分重要視されることは少なかったものです。
しかし疲労していたり、温度差が高いと浴室や浴槽内で死亡するケースも増えてきました。
これらの対策として床暖房の設備がなされたり温風暖房が吹き出し口から噴出されるようにすることで入浴中も快適に過ごせるようになって来たものです。

最近のトレンドとしては浴室内の暖房を行うばかりではなくて、乾燥を行う設備のついたタイプのものが出てきて、浴室内においても洗濯後も同じく洗濯物をその場で乾燥させることができるようになりました。
従って天候の悪い日も乾燥させることができ、冬場も活用が可能です。天井部分に嵌め込んで通風するもので衣類乾燥機の役割りも果たしますし、別途壁掛けタイプもあります。

これを利用することで衣類がシワ状にならなくてすみますから、朝もこのまま着て出かけることも可能で、電気式やガス式のものがあり給湯設備も必要になる場合もあります。
又暖房器具と換気と乾燥という複合タイプのものもあり、電気式のものはセラミックやハロゲン仕様のものがあり、200ボルト電源が必要なものもあります。
これらを扱う業者としては、釘打機やステープル、ハンマードリル、カッティングマシン、24時間換気システム、床暖房システム、住宅用の火災報知機などの工業機器や車椅子あるいはユニバーサル自転車などを扱う業者がこれを行っているケースが見られます。
あるいはシステムキッチンやタイル等のメーカーがこれを施工業者に委託して取り付けているケースであったり、ガス器具やガスコンロのメーカーが生産や販売をおこなっているケースも見られます。
この場合には電機関係の設備業者が取り付けや施工、修理をおこなうことになります。
そして大手電気メーカーも製造や販売をおこなっており、これを専門に受ける業者も存在しており、サイトからは無料見積もりも取れて施工も行ってくれます。

オススメリンク

寒い季節も安心

住まいの歴史において大きな変化を遂げてきた場所といえば、1つはキッチン、そしてもう1つは浴室です。
これは言うまでもなく、キッチンや浴室は給湯や調理などさまざまな機能を持った設備が必要なため、その機能が進化していくにつてて場所…Read more

カビ・結露対策

浴室暖房には快適さを追求するだけではなく、実用的な側面もあります。
1つは浴室全体を暖めることでお湯の温度が下がりにくくなり、追い炊きに要するエネルギーが節約できることです。
そしてもう1つは、ヒートショック対策です。…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー